地震

先日の金曜日に春から一人暮らしの息子の新居に取りあえず荷物だけを引っ越しする事に。
12時に最寄りの駅に到着。
引っ越しの単身パックが2時から2時半に付くと連絡をもらい、
それまでにしておかなければ行けない事をいろいろ片付け
2時過ぎに荷物が到着して一人分ですからものの15分で荷入れ終了。

早速荷物をほどき生活出来るように整えます。
二人でこれはどこに置くとか言いながら作業をしていたら
ガタガタガタ〜〜と窓ガラスが。
作業の手を止めて二人で顔を見合わせていたら揺れがだんだん大きくなり
足下もゆらゆらとこれは危ないと思ったのか息子が「外にでよう!」と
私がぐずぐずしていると「早く!」と怒られなんとか階段までいくと
横揺れが酷くて手すりを持たないと下りれませんでした。

地面もゆさゆさ揺れ、止まっている車も前後にゆらゆら、近所の方も出てこられ
皆で「怖い!」と。10分以上外で居たように思います。

まだ少し揺れていたのですが部屋に戻り早く片付けようと作業をし始めると
また先ほどと同じような揺れが。。。。いつまで続くのか???怖い!不安!
息子をこんなに揺れる所で住まわせられないとか頭の中で色んな事が。。。

大家さんが丁度帰られたので「いつもこれぐらい揺れるんですか?」と私が。
「こんなの初めてです」と。そうなのか〜これは珍しいのか?

家電がまだ到着していないので外からの情報がなく
この揺れは震度が?で震源地はどこなのかもわからずでした。
東京の友人が会いに行くと連絡をくれていたのですが地震の直後にメールが来て
駅で電車が止まったままだと。
彼女に今日は帰ってとメールをしたのですがそれがとどいたかどうか?
後で来たメールにバスで家まで帰宅したとありました。

荷物が着いてから2時間くらいして家電が届きテレビが見れるようになって
目に飛び込んで来た様子があまりにも酷い物だったので驚きました。

昼まで仕事して夕方から東京で仕事の主人は新幹線で地震に遭遇したらしく静岡辺りで
4時間程止まったまんまだったようでその後徐行運転で東京に深夜着いたらしいです。
勿論携帯もメールも一切連絡が取れませんでしたので深夜に来たメールで状況を知りました。
それもたまたま繋がったメールのようです。

私たちは予約のホテルには行くすべがなくなり息子のハイツで泊まる事になりました。
幸いガスも電気も水も止まらなかったのでコンビニで買い出しをして食べ物にもありつけました。

本震が終わってからは余震がたびたびおこり、またあの揺れが来たらどうしようと不安でした。
賃貸ですがエアコンが一台あったので助かりました。
引っ越しも一応ですので暖房器具も鍋ややかんも無くフローリングに段ボールをつぶして
それをラグ代わりにひいて、段ボールを机代わりに夕飯を食べました。
布団もシングルが一組だけ。 丸まるように寝ましたが。
一晩中余震があり主人とも連絡が取れないですし携帯を握りながらうとうとした感じです。

息子も眠れないのか5時前には目が覚め取りあえずテレビで情報を
都内は帰宅難民で各駅は大変だったようです。
友人は帰らない子どもの友達を何人か泊めたりしたようです。

TDLの近所の友人は液状化や道路が盛り上がって車は無理で自転車やバイクで動いているようです
近くに居ても連絡がとれなくてハラハラしたと言ってました。

仙台の若林区に友人が一人居るのですが連絡は不通状態です。
ニュースで大変な事になっているのでもの凄く心配です。

本当は日曜日まで東京で居る予定でしたが新幹線も動いたので帰宅する事にして昨晩帰りました。

テレビはどのチャンネルも同じニュースばかり。。。
各局協力して報道内容を変えれば良いのにと思います。
現状を伝える局、被災してゆくへ不明や助かった人などの情報をながす局、
政府が今どうゆう風に動いてるとか、ボランティアを募るとかの局
災害時に被害の無い他府県が助けるネットワークのような物を作らないと
寒い体育館や公民館で長い間過ごさなければならない人が増えるだけ
働き手はそこにとどまっても小さい子を抱えた人や老人は疲れがたまるだけ
ホームステーなどですこしでもゆっくり眠れる場所を与えてあげたいです。

余震も後一月は続くとか。。
どうか一人でも多くの方が助かりますように。
[PR]

by 816happylife | 2011-03-13 10:35 | お出かけ