大茶盛り

ここのところ曇り空の関西地方です。
今日は西大寺の「大茶盛り」の日です。1月4月10月の3回行われるそうですが
地元に居ながら今まで行った事が有りませんでした。
どんなんかな〜って行ってきましたよ。

f0233356_17264481.jpg


実は西大寺さんに行くのも初めてでした。
東大寺はよく行くのですが。
西大寺は聖武天皇の娘の弥徳天皇が建立した寺です。
父親に負けじと煌びやかに建てたそうですが、衰退していき地元に住む僧の叡尊さんが再建されたそうです。

f0233356_1730954.jpg


「大茶盛り」とは大きなお茶碗で飲むお茶と言う意味ではなく宴会の盛りだそうです。
普通はお酒で宴会なので「酒盛り」と言うのですが、西大寺ではお酒は禁止だったそうで
宴会もお茶でだったそうです。なので「茶盛り」となるのです。そして「大宴会」の「大」が
その前に付くので「大茶盛り」なんだそうですよ。
で、昔は今のような小さな器が無く皆さん持ってくるのはどんぶりだったり大きな瓶だったりした名残で今は大きな茶碗になっているとか。
説明してもらい初めて知ったまめ知識かな!

大きなお茶碗ですから茶筅もナツメも、茶さじ、ふくさもみんな大きくて驚きでした。

f0233356_17351557.jpg


f0233356_1736927.jpg


どうですか。比較になってるかな? 私が大きくて小さく見えるかも。。。

f0233356_17364164.jpg


少し遠いのでわかりにくいのですがお手前の方の手前に大きい入れ物がナツメです。
茶筅も30〜40センチの高さは有りましたよ。
大きな茶碗を助け合いながら皆でまわしていきます。だいたいいっぱいを4〜5人で頂くので
たっぷり頂けますよ。
f0233356_1738323.jpg


恥ずかしいですが飲んでるところです。顔に近づけると溺れそうになって怖いですので両隣の方に
支えてもらった方が楽でした。

f0233356_17395910.jpg


これがお手前のするところです。茶筅は奈良の高山産、茶碗は奈良の焼き物赤肌焼きです。

帰りは近くのショッピングセンターで遅いお昼を頂きました。
景色が良いので写真を撮りました。お天気だともっと良かったのですが。

f0233356_17415786.jpg


山の真ん中に何も無いところがありますがそこが若草山です、28日に山焼きがあります。
手前に見える赤い瓦屋根が平城京の極楽殿です。若草山の麓には東大寺が有るんですよ。

役4時間のお出かけでした。

チョコは擬似育児も終わりつつあってだいぶクッションの存在を忘れているようです。
あと一息です。
今まはパパの傍らで寝てますよ。可愛いです。

f0233356_17491476.jpg



昨年の今は息子がセンター試験で胃の痛む思いだった事を思い出しました。
今年も沢山の受験生たちが頑張りました。
みんなに幸が訪れるといいのですが。でもこの苦しみはいつかちゃんと報われると思います。
まだまだ受験が続くのでしすが、皆さん体調に気をつけてがんばり抜いてくださいね。
そしてそれを見つめる多くの親御さんたちも気持ちを大きく持って見守ってやって欲しいです。
過ぎ去れば笑える日が来るのですから。
[PR]

by 816happylife | 2012-01-15 17:55 | お出かけ